なた豆茶 副鼻腔炎(蓄膿症)

こんにちは、ミサトです。
今回は蓄膿症になった人は手術が必要なのか、いろいろな人の体験談を元にお話していきます。

 

 

蓄膿症になった人は手術をする場合もある

 

副鼻腔炎(蓄膿症)になった人の中には、手術が必要になる場合もあるそうです。
実際にはどういう手術なのか、体験談を探してみました。

 

 

 

すると、「内視鏡下副鼻腔手術」という副鼻腔炎の手術をした人の体験談がありました。

 

 

「あらかじめ麻酔をするから手術は一切痛くありません。
麻酔の方法も麻酔薬をしみこませた脱脂綿を5分〜10分程度鼻に入れておくだけ。
手術中は鼻毛を抜くときくらいの痛みが1分くらい続いていて、あとは無痛でした。

 

 

先生が言うには手術をした後に1週間くらい鼻が詰まるので、片方づつの手術をすすめられました。
しかし、仕事が忙しかったから両方一度にやってもらいましたが、手術後鼻が詰まることはありません
でした」

 

 

「手術中は痛くないのですが、鼻をずっといじられているから苦しかったです。
手術後はとてもすっきりしましたが、すぐに膿が次々に出てくるようになったから、手術後2週間は
毎日耳鼻科へ通って膿をとってもらいました」

 

 

このように手術に痛みはないみたいです。
でも手術後に膿が出たり鼻が詰まったりしなかったという人もいれば、膿が次から次へと出てきたという人も。

 

 

副鼻腔炎(蓄膿症)が悪化すると手術を4回もする場合がある

 

ある男性の体験談には、「副鼻腔炎が悪化して手術を4回もした」と書かれていました。
この男性は、副鼻腔炎が悪化して鼻ポリープができてしまったそうです。

 

 

 

副鼻腔炎で鼻ポリープができていると診断を受けて、しかも悪性に転嫁する可能性が高い良性腫瘍の
「乳頭腫」であることが分かったので、手術をすることになったといいます。

 

 

まず大学病院に1週間入院し大きい手術をして、耳鼻科でレーザー手術を2回、そのあと大学病院へ戻り、
1週間入院して大きな手術をもう1回したそうです。
2週間以上かけて4回も手術をするのは大変ですし、費用も掛かってしまいます。

 

 

ですので副鼻腔炎を軽く見て放置しないで、きちんと治しましょう。

 

 

私が蓄膿症を治した方法は、なた豆茶です。

 

 

なた豆茶には、強力なデトックス作用があると今話題になっています。
ダイエットや便秘改善、ニキビ解消などの効果が期待できます。
ですので、副鼻腔炎(蓄膿症)でたまっている膿や鼻水を排出する効果が期待できるのです。

 

 

私はなた豆茶を飲み始めてから副鼻腔炎の症状が治っただけではなく、もう症状が出なくなり
ました。とても効果があったから、おすすめですよ。