こんにちは、ミサトです。
今回は、副鼻腔炎(蓄膿症)が悪化して熱が出てしまった場合の対処法について、お話します。

 

 

副鼻腔炎(蓄膿症)は悪化すると熱が出るって本当?

 

副鼻腔炎(蓄膿症)は、鼻の病気なので熱が出たり、頭が痛くなったりするイメージがありません
でした。でも、自分が実際に副鼻腔炎になったときに、病院で先生にこんなことを言われたのです。

 

 

 

「副鼻腔炎は悪化すると熱が出たり、頭が痛くなったり、顔面痛がしたりするから、そのときはまた
病院に来てください」

 

 

鼻の病気で熱が出たりすることがあるんだと、とても意外に思ったのでそのメカニズムについて
調べてみることにしました。

 

 

まず私が副鼻腔炎になったのは仕事の疲れで微熱が続いていたから。大量の鼻水が出て、ポケット
ティッシュでは足りなかったので、ボックスティッシュを持ち歩いていました。

 

 

「病院に行ったほうがいいな」と思いつつ、仕事を休めないし休みの日もいろいろとやることがあって、
自分で適当に対策しながら放置していたら、微熱が下がった後でも鼻水は止まりませんでした。
そして、ついに鼻づまりになって鼻呼吸ができなくなってしまったのです。

 

 

「これはさすがに見苦しいし、病院にいこう」といった時にはもう手遅れで副鼻腔炎と診断されたのです。

 

 

先生の話と自分で調べてみた結果を混ぜて説明すると、副鼻腔は鼻の奥に広がっている空洞です。
この空洞から喉にかけて、繊毛と呼ばれる短い毛がびっしりと敷き詰められています。

 

 

そして、この繊毛が細かく動いて鼻水を鼻の孔に送ったり、鼻に入ってきたウイルスや雑菌を鼻水に閉じ
込めて体の外に出すのです。でも、副鼻腔炎で鼻の奥に炎症が起こっているとこの働きが正常に行われません。
それで体の中にウイルスや雑菌が入り込んでくるのを、防ぐことができなくなって熱が出てしまうのです。

 

 

副鼻腔炎の炎症を止めるために体が熱を出す場合もある

 

さきほど、副鼻腔炎で繊毛の働きが悪くなるとウイルスが侵入してきて熱が出るという話をしました。
これ以外にも副鼻腔炎で熱が出るメカニズムがあります。

 

 

 

体には免疫機能があって、どこかに異常が発生するとそれを改善するために下痢を起こしたり、熱を
出したりします。副鼻腔炎も悪化すると、体が免疫機能を働かせて熱を出して炎症と戦おうとするのです。
副鼻腔炎で熱が出ると、目の奥やこめかみに鈍痛が走ることがあります。

 

 

これは副鼻腔が目の奥やこめかみまで広がっているから、そこまで炎症が起こっていたり、膿になった
鼻水がたまっているからです。副鼻腔の炎症はここまでたまってしまった膿を出さないと、治りません。
ただ、この膿を出すのがとても大変なのです。

 

 

副鼻腔にたまった膿を出すのが大変な理由

 

あなたが副鼻腔炎が原因で熱で苦しんでいるとき、まず病院へ行こうと思いますよね?
でも、病院へ行ったところで効果的な治療をしてもらえるとは限りません。

 

 

 

その理由は、膿を体の中から出す効果的な薬がまだ開発されていないから。
ふつうの病気なら病院で薬をもらって飲んでいれば治りますが、副鼻腔炎はそうではないのです。
ですので、病院での治療以外の方法で治しましょう。

 

 

膿を体から出すことを排膿というのですが、排膿作用がある食べ物を食べたほうが効果が期待できます。
排膿作用がある食べ物と聞いてもピンと来ないかもしれません。
でもいつもの食事を思い出してみれば、かんたんにイメージできると思います。

 

 

熱いラーメンやおでんを食べていて、鼻水が垂れてきてしまうことってありますよね?
これは熱区て水分量が多い食べ物を食べて、鼻と喉が加湿・加温されることで鼻水が出やすくなるからです。
服事項にたまっている膿も鼻水と一緒に出てくるので、熱くて水分量が多い食べ物を食べましょう。

 

 

あとは辛い食べ物ですね。カレーやタンタンメン、キムチなどを食べると鼻水が出てくることがあるのも、
加温されて新陳代謝が良くなるから、鼻水や膿が出やすくなっているからです。

 

 

毎日の食事を熱いもの、水分量が多いもの、辛いものにすることで副鼻腔の膿を出しやすくなりますよ。

 

 

消化によくない食べ物を避けると副鼻腔と熱は治りやすい

 

加温・加湿してくれる食べものには排膿効果が期待できるから、副鼻腔炎に効きます。
そういう食べ物を多くとって、副鼻腔炎によくない食べ物を避けることで症状はよくなります。

 

 

 

副鼻腔炎によくない食べ物は、消化に悪い食べ物ですね。
ヒトの体の中心は消化器官だから、消化に時間がかかる食べ物を多く食べると消化にかなりのエネルギーを
使ってしまいます。

 

 

副鼻腔にたまった膿を押し出すのにエネルギーを使えなくなってしまうので、消化が悪い食べ物は食べない
ようにしてください。消化が悪い食べ物には肉類、脂っこい揚げ物、添加物が多い食べ物などがあります。
それ以外には乳製品ですね。

 

 

牛乳、ヨーグルト、バター、チーズなどは栄養価が高いですが、消化に時間がかかります。
ですので、健康のために乳酸菌を多くとりたくて毎日ヨーグルトを食べているという人は納豆にしましょう。
納豆には多くの乳酸菌が含まれていて、食物繊維も豊富、そのうえ消化にいいです。

 

 

また、なた豆茶という排膿作用が強力なお茶を毎日飲むのも、一つの方法ですね。
私にはとても効果があって、なた豆茶を飲み始めて1か月くらいで副鼻腔炎が治って、それ以来ずっと続けて
再発していません。