咳が止まらない!副鼻腔炎(蓄膿症)のせいなの?

咳が止まらない!副鼻腔炎(蓄膿症)のせいなの?

こんにちは、ミサトです。
今回は副鼻腔炎(蓄膿症)で咳が出てしまう原因について、お話していきます。

 

 

副鼻腔炎(蓄膿症)は鼻の病気なのに咳が出ることもある

 

1年以上前、私は風邪をこじらせて副鼻腔炎(蓄膿症)になりました。
鼻詰まりと鼻水が止まらなくなって、とてもつらい思いをしました。

 

 

でも、私の知り合いは「私も副鼻腔炎になったことあるけど、鼻づまりよりも咳のほうがひどかったよ」
と言っていました。副鼻腔炎は鼻の病気だから、鼻の症状しかないと思っていたのに、意外でした。
そこで、どうして鼻の症状である副鼻腔炎(蓄膿症)で咳が出るのか調べてみることに。

 

 

まず私が個人的に考えてみたのは、鼻と口はつながっているから鼻に炎症ができるとそれが広がって
喉にも炎症ができるのかな?ということです。
この考えは間違ってはいないと思いますが、なんだか医学的根拠が足りないような気がします。

 

 

そこで、耳鼻科関係の記事を読んでみると副鼻腔炎(蓄膿症)が悪化すると鼻水の質が変化して、
膿になり、喉に炎症が起こってしまうそうです。これを「後鼻漏」というのだとか。
初めて聞く病名なので、気になっていろいろと呼んでいるとこんなことがわかりました。

 

 

副鼻腔炎(蓄膿症)で咳が出てしまう原因まとめ

 

副鼻腔炎(蓄膿症)は、鼻の奥にある大きな空洞である副鼻腔に膿がたまって起こる症状です。
膿がたまっているせいで炎症が起こって、鼻詰まりやくしゃみなどが出てしまうのです。

 

 

 

この副鼻腔炎がさらに悪化すると、後鼻漏になります。
後鼻漏は、副鼻腔にたまった膿が喉の奥に落ちてきてしまう症状です。
膿は体によっていらない水分と白血球の死骸などでできています。

 

 

老廃物の塊なので、こんなものが喉に落ちてきて喉が健康でいられるわけがないですよね?
これが原因で、のどの奥が炎症を起こして咳が止まらなくなってしまうのです。
「最近、咳が止まらないんだよね」という人は鼻づまりもないか、チェックしてみてください。

 

 

もし、ひどい鼻詰まりがあって咳が止まらないとしたら後鼻漏の可能性大ですよ!

 

 

私の知り合いもいつも鼻が詰まっていて、よく鼻をかんでいる人です。
そしてよく咳込んでいて、たまに咳が止まらなくて仕事を中断しないといけなくなっています。
これでは日常生活に支障が出てしまいますよね。

 

 

たかが鼻づまり…と放置していると、こういうひどい症状になってしまうこともあるのです。
どんな体の不調でもはやめに対処したほうがいいですよ。

 

 

後鼻漏じゃなくても鼻水は喉に落ちてくるもの

 

副鼻腔炎(蓄膿症)は鼻の奥に膿がたまって、鼻水と一緒に膿が落ちてきてしまう症状です。
でも、健康な人でも毎日鼻水は喉の奥に落ちてきているそうです。

 

 

 

私が調べてみると、どんなに健康な人でも1日2〜6リットルの鼻水が落ちてきているけど、鼻水が健康な
状態でサラサラしているから、喉の奥にも違和感がないし、飲み込んでも平気なのです。
でも、後鼻漏で膿と鼻水が混じったものが落ちてくると、落ちてくるところが炎症を起こしてしまいます。

 

 

しかも、飲み込むのも大変だから喉が詰まった感じになるし、朝起きたばかりのおじさんのように
「カーッぺッ!」と吐き出さないといけないのです。無理やり飲み込んでしまうと、胃もたれを起こすし、
吐き出さないでいると、咳込んでしまって最悪、口の中にためていた膿と一緒に口から出てしまいます。

 

 

赤ちゃんの鼻水を吸う吸引器のようなもので吸い取れれば、いつでもケアできますが、仕事があったり、
学校があったりするとなかなかそういうわけにもいかないですよね?

 

 

副鼻腔炎(蓄膿症)が悪化していると咳止めでは咳が止まらない

 

ふつうの風邪で咳がとまらないときは咳止めを飲めばいいですが、副鼻腔炎(蓄膿症)が悪化した
ことが原因で咳が止まらなくなっているときは、咳止めでは止まりません。

 

 

 

副鼻腔から落ちてくる膿を全部出しきって、咳の大元と経たないといつまでたっても咳は治らないのです。
そこで、副鼻腔にたまりにたまっている膿を全部出す対策をしましょう。
私が実際にやって効果があったものを、ご紹介していきます。

 

 

・対策1「卓上加湿器」
副鼻腔の膿を出すためには、副鼻腔に敷き詰められている繊毛を活発にする必要があります。
繊毛は乾燥していると、動きが悪くなるので卓上加湿器を持ち歩いていつでも加湿してました。
最近はおしゃれなデザインのものが多いから、周りの人に変に思われませんよ。

 

 

・対策2「温かい飲み物」
私は冬でも冷たい飲み物しか飲まない人だったのですが、繊毛を活性化するために温かい飲み物を中心に
飲むようにしました。卓上加湿器を使えないときでも鼻と喉を加温・加湿できますよ。

 

 

私にはこの2つの対策か効果的でした。
温かい飲み物は最初はコーヒーを飲んでいたのですが、コーヒーは実は体を冷やすと効いて、紅茶に変更。
それから花と喉にいい紅茶を探していたら、なた豆茶というお茶に出会いました。

 

 

なた豆茶には、膿を排出する作用が期待できるカナバニンという成分が含まれているそうです。
なた豆茶を飲み始めてから鼻詰まりが治って、息がしやすくなったので私にはとても効果的でしたよ。
あなたにも効果があるかもしれないので、ぜひ試してみてください。