こんにちは、ミサトです。
今回はなたまめ茶が腎臓にいいのは本当なのか、実体験を元にお話しします。

 

 

腎臓にいい成分が含まれているなた豆茶

 

結論から言うと、なた豆茶は腎臓にいいです。
私は1年くらい前からなた豆茶を飲んでいて、その作用を実感しています。

 

 

 

私がなた豆茶を飲み始めたきっかけは、風邪をこじらせて副鼻腔炎(蓄膿症)がさらに
悪化した後鼻漏になったことです。
そのときになた豆茶がいいと聞いて、毎日飲んでいました。

 

 

1か月くらいして副鼻腔に溜まっていた膿が全部出て完治したので、うわさ通りの
効果でした。「どうしてここまで、作用があるんだろう?」気になってなたまめ茶
の成分について調べてみました。

 

 

その結果、なた豆茶には排膿作用と抗炎症作用があるカナバニンという成分の働きで
後鼻漏が治ったのだとわかりました。
ほかにも、コンカナバリンAという抗腫瘍作用もあるので、ポリープなどができている
人にも、いい影響があると思います。

 

 

さらに、ウレアーゼという有効成分が配合されています。
ウレアーゼには腎機能活性化の働きがあります。

 

 

このウレアーゼが腎臓にいいのです。腎臓病の人達がなた豆茶を飲んで検査で数値が
下がったという体験談をいくつかあげています。
腎臓の負担を減らすことで、症状をかるくしてくれるのです。

 

 

なじみのないなた豆を毎日飲むのに抵抗があるという人は?

 

腎臓にいい成分ウレアーゼが含まれているなた豆ですが、聞いたことがないという人が
ほとんどだと思います。でも、知られていないだけでとても身近な食品に使われています。

 

 

 

有名なのは福神漬けですね。
福神漬けに入っている薄切りの楕円形の食材がそうです。
シャキシャキとしていて福神漬けの食感のアクセントになっていますよね?

 

 

なた豆は福神漬けを食べることでも摂取できるのですが、他に6種類の野菜が入って
いるし、使われている量が少ないから効率が悪いです。
あと、カレー以外に福神漬けが合う料理を探すのも大変ですね。

 

 

やっぱり効率よくなた豆をとるためには、なた豆茶がいいでしょう!
毎日500mlのなた豆茶を飲めばいいだけなので、無理なく続けられます。
なた豆茶はほうじ茶のような色と味です。

 

 

薄い焦げ茶色ですっきりしている味なので、毎日飲んでも飽きないですよ。
私ももう1年以上飲んでいますが、飽きたことがないです。
麦茶のように毎日飲んでもおいしいと感じる味です。

 

 

また、なた豆の有効成分ウレアーゼが腎臓にいい話はしましたが、実はコンカナバリンAも
腎臓にいいのです。

 

 

なた豆のコンカナバリンAが腎臓病にいい

 

コンカナバリンAには、ウレアーゼと同じように腎機能を活性化する作用があります。
それだけではなく、免疫力を高める作用もあるので腎臓病で心身が弱っている人にいいです。

 

 

 

腎臓病はなかなか治らないので、うつ状態になってしまう人が少なくありません。
コンカナバリンAが免疫力に働きかけてくれれば、体が強くなります。
心と体は一つなので、体が強くなれが心も強くなります。

 

 

ですので腎臓病でのうつ状態が治っていき、前向きになって腎臓病の対策に積極的に
なれるのです。気持ちが明るくなれば、病気も治りやすくなりますよ。

 

 

なた豆茶は腎臓病以外にもこんな病気に効果があります。
花粉症、痔、メタボリックシンドローム、吹き出物、歯周病、関節痛。
そして私も効果を実感できた副鼻腔炎(蓄膿症)、後鼻漏を治すことができました。

 

 

そして他にも便秘体質が治ったり、敏感肌が治るなどの効果があったのです。
今まで少し食べすぎただけで翌日便秘になったり、肌荒れになったりしました。

 

 

あと体調が悪くなったり、疲れたときに肌をかいただけでみみず腫れのようになって
いて、肌のバリア機能が低下していました。
なた豆茶は水分補給にもなるので、便秘にもいいし、肌のバリア機能も上がると思います。

 

 

なた豆茶に含まれているカナバニンの排膿作用が腎臓を助ける

 

なた豆茶の有効成分である、カナバニンには排膿作用があります。
腎臓は体の中の水分をろ過する器官なので、体の中の膿もろ過します。

 

 

 

排膿作用が腎臓が膿をろ過する負担を軽くしてくれるから、なた豆茶を飲むと腎臓の
負担が軽くなります。体の中の老廃物を取り除いてくれるからです。
実際になた豆茶を飲み始めてから、腎臓病の人が検査で数値がよくなったそうです。

 

 

それ以外にも、視界に明るさが戻る、尿が出るようになった、足のむくみが軽くなった、
血圧が低下するなどの効果があります。
なた豆茶にだけでは足りないと思う場合は、石鹸、歯磨き粉なども使いましょう。

 

 

なた豆茶は腎臓の働きを助けるだけではなく、さまざまな健康効果があります。
腎臓病以外にも便秘や痔、肌荒れ、吹き出物、目の働きも快方に向かうので、全身の不調の
対策に向いていますよ。

 

 

腎臓以外にも体のさまざまな部分に不調を抱えている人にも、飲んでほしいと思います。
なた豆茶は麦茶やウーロン茶などの一般的なおお茶に比べて高いですが、腎臓病の治りを
後押しするので、薬代や診察代を浮かすことができます。

 

 

総合的に見たら、経済的なのです。試してみてだけだったらやめればいいだけなので、
まずは3か月間、実践してみてください。
通販で手軽に購入できるし、自宅で飲めるから手間もかかりませんよ。