こんにちは、ミサトです。
今回はなた豆茶が血糖値にいい理由についてお話ししていきます。

 

 

なた豆茶には血行促進効果がある

 

なた豆茶には、便秘、副鼻腔炎(蓄膿症)、痔、アトピー性皮膚炎などさまざまな病気に
効果があるといわれています。その効果を実感している人も多いです。

 

 

 

私も1年前に体調を崩したけど、仕事が忙しくてなかなか病院へ行けないでいたら風邪を
こじらせて副鼻腔炎(蓄膿症)になりました。起きている間中鼻水が出てきてしまうので、
困ってはいましたが、市販の鼻炎薬でどうにかしつつ、我慢していました。

 

 

でも、我慢をしすぎたのか副鼻腔炎(蓄膿症)がさらに悪化した後鼻漏に!
鼻の奥の副鼻腔に溜まっている膿が絶えずのどの奥に落ちてくるようになりました。
さすがに足られなくなり病院へ行くと、いくつか薬を出されました。

 

 

でも、どんなに飲んでも全然効果がないのです。
イライラが限界にきて、ネットで後鼻漏の治し方を探しているうちに、なた豆茶に
たどり着きました。

 

 

なた豆茶は、排膿作用があるので副鼻腔に溜まった膿をすっきり出してくれました。
1か月で治ったのでほっとして飲むのをやめたら、2か月後にまた副鼻腔炎(蓄膿症)に。
「飲み続けないとダメなんだ」と思って、今は続けています。

 

 

あれからかなりたちますが、いまだに副鼻腔炎(蓄膿症)にはなっていません。
それどころか少しやせたし、便秘も改善しました。
冷え性も治ってきた気がするので、血行もよくなったと思います。

 

 

今までは夏にクーラーが効いている部屋にいるのがつらくてしょうがなかったのですが、
今はぜんぜん平気です。なた豆茶で血行が良くなって冷え性が治ったからですね。

 

 

なた豆茶が血行を良くする理由

 

なた豆茶を飲んで私も血行が良くなりましたが、高血圧の人が「血液検査で数値が平均に
なった」と口コミしていたりします。どうして血流がよくなるのでしょう?

 

 

 

その理由について調べてみると、腎機能を高めることが関係していると推測できます。
腎臓はおしっこを作る機関。血液に含まれているおしっこの材料となる原尿をろ過したり、
排出したりするのです。

 

 

なた豆には、ウレアーゼという腎機能活性化の作用がある成分が含まれています。
この成分が腎機能を活性化するから血行が良くなるのでしょう。
ただ、血行が良くなるというだけで血糖値まで下げるわけではありません。

 

 

血糖値は、血液中に含まれている糖の量を表しています。
なた豆茶は血液中の糖の量を調節する作用はありません。

 

 

血圧を安定させる作用は期待できますが、血糖値を下げる効果までは期待できないですね。

 

 

それでも糖尿病にいいといわれている理由

 

「なた豆茶が血糖値を下げる」といううわさは「なた豆茶が糖尿病にいい」という情報が
元になっていると考えられます。

 

 

 

でも、血糖値を下げないのにどうしても糖尿病にいいのでしょうか?
その理由は、糖尿病の合併症である歯周病になりにくくするからです。

 

 

どうして合併症として発症しやすいのかは詳しいことはわかっていませんが、
糖尿病だと歯周病になりやすいし、歯周病だと糖尿病になりやすいのです。
なた豆茶には、カナバニンという排膿作用がある栄養成分が含まれています。

 

 

この排膿作用が、歯周病で口の中にできた膿を取り除いでくれるのです。
この働きで歯周病の症状が軽くなることが期待できます。
そして、歯周病が軽くなれば、糖尿病も治りやすくなるのです。

 

 

このように、なたまめ茶には血糖値を下げる働きはありません。
でも、糖尿病の合併症である歯周病は治すことができます。
また血圧を改善したり、血行を良くしたりするので、血の巡りにいいことには変わりありません。

 

 

血糖値をさげてくれるお茶はあるのか

 

なた豆茶は血糖値を下げる効果がありませんが、他のお茶なら血糖値を下げることができる
のでしょうか?詳細について調べてみました。

 

 

 

するとカテキンが含まれているお茶を食事の時に飲むと、糖の吸収を抑えてくれる効果が
あるといわれているそうです。実際にウーロン茶でダイエットをする人もいますから、
効果が期待できそうな気がしますよね?

 

 

カテキンが多いお茶には、緑茶、紅茶、ウーロン茶があります。
どれも同じ茶葉を使っているから、効果にも共通点があるのです。
なた豆茶では血糖値を抑えられませんが、これらのお茶と併用することで効果は得られます。

 

 

例えば緑茶で血糖値を抑えて、なたまめ茶で血圧を抑えるというような効果も期待できます。
どちらのお茶も過剰摂取にならなければ、他のお茶を組み合わせて飲んでも大丈夫です。

 

 

毎日習慣的に飲むお茶は1種類じゃなきゃいけないわけではないので、お好きなお茶を
選んで組み合わせてみてください。

 

 

ただ、私はなた豆茶を飲み始めてから食べ物の栄養をよく吸収できるようになったせいか、
食べる量が減りました。ミネラル豊富ななたまめ茶のおかげで少しの食べ物でも、十分
栄養を吸収できるようになったのだと思います。

 

 

食べる量が減れば血糖値が下がるので、間接的に血糖値を下げる効果はありますね!
なた豆茶は少し高めですが、緑茶や紅茶は安いです。
ほかにはプーアール茶などのダイエット茶も、糖尿病にいいそうですよ。