こんにちは、ミサトです。
今回は赤なた豆茶と白なた豆茶、どちらの方が効果があるのか調べてみました。

 

 

いろんな種類があるなた豆茶は選ぶのだけで一苦労

 

健康にいい影響があるとして有名ななた豆茶。
最近は、副鼻腔炎(蓄膿症)を治すと話題になっています。

 

 

 

私もその話題に乗って、副鼻腔炎(蓄膿症)がさらに進行した後鼻漏を治しました。
飲み始めて1か月くらいで自然と治ったので、その高い効果にびっくりしました。
でも、なた豆茶にはいろんな商品があってそれぞれで効果が違います。

 

 

しかも相性もあるから、私が効果があった「薩摩 なた豆爽風茶」がすべての人に
効果があるとは限りません。ある人には私と同じように効果があってある人には
全く効果がないというのも珍しくないのです。

 

 

でも、効果が出やすいなた豆茶というものはあります。
私が飲んでいたなた豆茶は、「刀豆ナタマメ協会」が認定している鹿児島産の
なた豆を使っている商品です。

 

 

鹿児島には火山灰が降り注いでできたシラス台地があるので、ミネラルが豊富です。
現代人の不足しがちなミネラルを補給できるから、健康にいい影響があります。
このように協会認定商品や鹿児島県産の商品を一つの目安にするのもありです。

 

 

ほかには、なた豆の種類ですね。なた豆には赤なた豆と白なた豆の2種類があります。
赤なた豆のほうが栄養が豊富なので、赤なた豆を使っている商品を選びましょう。

 

 

赤なた豆と白なた豆の栄養はどれくらい違うのか比較

 

赤なた豆と白なた豆の栄養はどれくらい違うのか、それぞれの栄養素を調べてみました。
すると、全体的に赤なた豆のほうが栄養価が高いことがわかりました。

 

 

 

赤なた豆100%と白なた豆100gの栄養価を比較したデータをみてみると…

 

・タンパク質 赤約27 白約29
・食物繊維  赤約26.5 白約23
・リン 赤398 白354
・鉄 赤約3 白約2.7
・カルシウム 赤192 白158

 

 

・カリウム 赤約1.2 白1
・マグネシウム 赤146 白153
・亜鉛 赤約2.4 白4
・マンガン 赤1 白約4
・タンニン 赤約1.6 白約0.8
・ポリフェノール 赤約1.8 白0.8

 

 

全体的に赤なた豆のほうが栄養価が高いですね。
このことから同じなた豆茶でも、赤なた豆茶を飲んだ方がいいことがわかります。
でも、私は赤なた豆茶か白なた豆茶か気にしないで飲んでいましたが、効果がありましたよ。

 

 

「薩摩 なた豆 爽風茶」は赤なた豆か白なた豆化はわかりませんが、原料紹介の画像を
見る限り赤いなた豆を使っていると推測できます。
私の後鼻漏が治ったのはやっぱり赤なた豆だったからなのですね。

 

 

赤なた豆は毒性も強い!品質のいい商品を選ばないと危険

 

赤なた豆は栄養価が高いですが、その分毒性も強いです。
ですので高品質な商品を選ばないと、体調を崩してしまう可能性があります。

 

 

 

中国産の商品はどこでどのように生産されているかわからないから、危険です。
赤なた豆茶の場合は、国産のなた豆茶を飲みましょう。

 

 

赤なた豆茶で国産の商品は、鹿児島県薩摩産の赤なた豆を使っている「薩摩刀豆
なたまめ茶」と「富士の赤なたまめ茶」があります。

 

 

通販サイトなどで気軽に買えますがない場合は中国産の赤なた豆ではなく、国産の白なた
豆茶を購入しましょう。国産の白なた豆茶には「丹波なた豆茶」「白ナタマメ茶白寿」が
あります。

 

 

また赤なた豆茶と白なた豆茶の毒素の違いは、大きいものではありません。
そこまで神経質にならなくても、大丈夫なので気軽に飲んでください。

 

 

私は赤なた豆を使用しているなた豆茶を1年以上飲んでいますが、健康被害は特にありません。
むしろ便秘をしなくなったり、疲れにくくなったり、後鼻漏が治ったりといいことのほうが
圧倒的に多いですね。

 

 

なた豆の毒素は有効成分コンカナバリンAでもあるので、取り除いてしまうと効果も薄く
なります。コンカナバリンAには抗腫瘍作用があり、初期がんも癒してくれるそうです。

 

 

赤なた豆と白なた豆、2つの最大の違いは食べられること

 

なた豆には赤と白があって、赤のほうが栄養価が高い分毒性も強いです。
ですので煎じたお茶を飲むことができますが、豆自体を食べることはできません。

 

 

 

しかし白なた豆は、毒素が少ないので身を食べることができます。
そら豆のように天ぷらにしたり、ゆでたりするとさっぱりした味でおいしいそうです。
触感は福神漬けに入っているので、知っていると思います。

 

 

シャキシャキしていて噛み応えがある食材です。
なた豆がどんなものがわからないから、一度食べてみたいという場合は福神漬けを買いましょう。
そして、薄切りにしてある楕円形のなた豆を探してみてください。

 

 

赤なた豆と白なた豆、最大の違いは実を食べられるかどうかです。それ以外の効果や値段、
味、お茶の色、香りなどはほとんど変わりません。効果は赤なた豆茶のほうが少し高いですが、
味が白なた豆のほうが好きなら、無理をしないで白なた豆を選びましょう。

 

 

どちらの場合でも、鹿児島県産のものが高品質です。
江戸時代からなた豆を栽培しているので、ほかの県よりも高品質なものが多いのです。
鹿児島の人は、子供のころからなた豆茶を飲んでいるみたいですよ。