こんにちは、ミサトです。
今回はなた豆茶の値段と産地は効果に関係しているのか、についてお話しします。

 

 

なた豆茶の値段は幅広い

 

なた豆茶はいろいろな種類の商品があります。
値段もバラバラで40円代〜6,000円代のものがあります。

 

 

 

ここまで商品によって値段が違うと気になってくるのは、効果ですよね?
やっぱり高い商品のほうが効果があるのでしょうか。

 

 

値段と効果の関係を知るために、まず私の体験談を参考にしてみてください。
私は「刀豆ナタマメ協会」が認定している「薩摩 なた豆爽風茶」を飲んでいます。
値段は30包(30日分)で5,980円。

 

 

かなり高めですが、私には効果がとてもありました。
まず飲み始めて1か月くらいで、副鼻腔に溜まっていた膿がドロッと全部出ました。

 

 

特に痛みも違和感もなく、自然と出てきたのでびっくりしたのですが、高いだけあって
鹿児島県産のなた豆を使用しているから、成分が濃いのです。
なた豆のほかに、黒豆、ハト麦、薩摩くず草、赤芽柏、クマ笹、桑の葉を使っています。

 

 

なた豆茶以外にも健康にいい原料を使っているから高いわけですね。
ただ私は副鼻腔に膿が溜まってなる後鼻漏という病気を治すために、高い商品を選んでいた
ので、無理して高いものを買う必要はありません。

 

 

なた豆茶は毎日飲み続けないと効果が続かないので、もう少し安いもののほうがいい
でしょう。そこで、もう少し安くて効果がある商品を調べてみました。

 

 

なた豆茶の平均的な値段の商品とその効果

 

なた豆茶の平均的な値段の商品にはどんな原料が使われていて、どんな効果があるの
でしょうか?具体的に調べてみました。

 

 

 

まず300円代〜6,000円代の商品があるなたまめ茶の平均的な値段は、2,000円代。

 

 

・鹿児島県吉田産 薩摩なた豆 元気茶30包(30日分) 2,480円
なた豆、ハト麦、黒豆、赤芽柏、桑の葉を配合しています。
「副鼻腔炎(蓄膿症)が1週間くらいで治った」という口コミあり。

 

 

・こやま園 丹波なた豆茶 ティーパック30包(30日分) 2,700円
丹波のなた豆100%の商品。
「きれなかった痰がきれるようになった」という口コミあり。

 

 

・京都やまちや 美撰なたまめ茶30包(30日分) 2,999円
副鼻腔炎(蓄膿症)に効果を期待して飲んでいる人が多い。

 

 

・なた豆茶 富士の赤なたまめ茶 2,700円
国産なた豆を100%使用しています。
「副鼻腔炎(蓄膿症)や口のさまざまな症状を改善してくれた」という口コミあり。

 

 

・丹波なた豆茶 Large Pack 2,120円
丹田さん白なた豆を100%使用しています。
「高血圧だったのに血液検査で数値がよくなった」という口コミあり。

 

 

このように2,000円代のなた豆茶でも十分、健康にいい影響があるようです。

 

 

安いなた豆茶の産地はどこ?

 

2,000円代以上の商品は、国産の原料を使っているものがほとんどです。
では、2,000円以下の安いなた豆茶の産地はどこなのでしょうか?

 

 

 

2,000円以下の商品を調べてみると、こんなものがありました。

 

 

・山本漢方製薬 なた豆茶100% 455円
中国原産のなたまめ茶。
「鼻水がよく出るようななった気がするけど、効果がはっきりしない」という口コミあり。

 

 

・徳陽 なた豆茶 50包(50日分) 428円
中国原産のなた豆を使用しています。
「ほとんどお湯みたいな味でなた豆がぜんぜん入ってないと思う」という口コミあり。

 

 

・ラガ薬品 なた豆茶100% 821円
どこ産のなた豆か不明。
「副鼻腔炎(蓄膿症)が完治した」という口コミあり。

 

 

このように安いなた豆茶は、中国産の商品が多かったです。
中には病気が治ったという口コミもありましたが、どこで作られたなた豆かわからないし、
添加物が入っている可能性も高いです。

 

 

国産のなた豆を100%使っていて添加物を使っていない商品は、1,500円以上する商品が
ほとんどですので、安い商品はやはり効果があまりないということがわかりました。

 

 

なた豆茶の効果は毎日飲み続けていないと出ないので、少しでも安い商品がいいという気持ちは
わかりますが、飲んでいて効果がない商品を選ぶと、むしろお金の無駄になってしまいます。
なた豆茶を選ぶときは、2,000円以上というのを一つの基準にしてください。

 

 

そして裏を見て、なた豆茶の原産地がどこか確認をしてから買いましょう。

 

 

なた豆だけの商品とほかの食材も含まれている商品はどちらのほうがいいのか

 

なた豆茶はなた豆100%の商品と、他の食材も含まrている商品があります。
どちらのほうがいいのでしょうか?

 

 

 

これは、個人の考えによって違うので、どちらがいいと一概には言えませんが、
私はなた豆100%の商品のほうがいいと思います。
その理由は、なた豆には豊富な栄養素が含まれているからです。

 

 

豆全般に多く含まれているたんぱく質、食物繊維、ビタミン類のほかに、ミネラル、排膿
作用があるカナバニン、抗腫瘍作用があるコンカナバリンA、腎機能を助けるウレアーゼが
あります。

 

 

いくつも原料を使っていなくても、十分健康にいいと思うので、なた豆100%の商品を試して
みてください。そして納得できる効果がなかったら、他の原料も使っている商品を選びましょう。